スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GPU】 GTX1080のシェーダー問題について

2016.06.08.Wed.18:39
AMDが新GPUを発表したとき、NvidiaのGTX1080と、cfxed RX480の性能比較動画を紹介しました。
そのとき、GTX1080とRX480とで、雪のシェーダーの描画が違うということで、インターネットは大騒ぎになり、いつもの「どちらが正しいか」という宗教戦争じみた争いが勃発しました(くだらねえ…)。先日、ベンチマークに仕様されたAshesを開発しているOxide社のDan Baker氏が、問題についてのツイートをしました。




曰く、Ashesにおける雪のシェーダー問題は、Nvidiaドライバ v368.19と、おそらくそれ以前のドライバにあった問題で、368.25以降では解決されている、とのことです。これにたいしての、Nvidi社のSean Pelletier氏の反応がこちら




Nvidia Driver v368.25は、プレスオンリーのドライバで、公式に提供されたドライバではないということです。Nvidiaは製品を発表する前に、世界中のレビュワーに新製品を渡し、レビューを行ってもらっているのですが、そのときに渡されるドライバのうちのひとつが、v368.19だそうです。このドライバはパブリッシュ以前のベータ版に近いものですので、バグが含まれている可能性は十分にある代物ですが、この辺りは両社の高度な情報戦が展開されている気がします。AMDがどのようにしてこのドライバを入手して、ベンチマークを行ったかは、想像してみるとなかなかおもしろいですね。おそらく(いくらか握らされて??)、AMDにドライバ(あるいは、GTX1080本体も?)を流したレビュワーがいるのでしょうが、こういうのはワクワクしますねぇ(ゲス顔)。バグを作ってしまったNdiviaにも問題があるといえばあるのですが、バグは往々にして生まれてしまうものですし、AMDもこういうベンチマークでは、公式版を使うべきだったとも思います。いずれにせよ、修正後もパフォーマンスは大して変わらないそうですし、あんまり気にしなくてもいいかなぁと。

【Nvidia GTX1080/1070】Nvidiaの"Founders Edition"について

2016.05.10.Tue.23:40
#FoundersEditionってなんだよ?

ここ数日、Nvidiaが発表したGTX1080,GTX1070についての話題で各種フォーラムは大賑わいです。
その中でも、多くの憶測が飛び交うのはNvidiaが発表時に提示した"Founders Edition"というモデルについでです。
もうご存知だとは思いますが、GTX1080の価格設定は以下の通りです
$599 MSRP
$699 Founders Edition
*GTX1070も同様に若干高価なFounders Editionが設定されています。

さて、このFoundersEditionとは一体何なのでしょうか。発表当初からこのカードはよりオーバークロックに適したコンポーネントを使用したカードだと思われていました(発表時の2.1GHz超え(しかも70℃以下!)で動作している映像は、インパクトがありましたしね。)
しかし、結論を言うと、FoundersEditionは”リファレンスカードの名前を変更したもの”なのでした。
Nvidiaがなぜリファレンスモデルの名称を変更し、割高な価格設定を行ったかは、NvidiaのビジネスモデルのことですのでNvidia自身に聞いてみるしかありませんが、予想される理由は以下のようなものです。

・Nvidiaは従来のリファレンスモデルがより市場で長く販売されることを求めている(そもそもNvidiaが開発したものですから、これは当然でしょう。)
・リファレンスモデルには他社のカスタム仕様のカードとは明らかに違う点があります。それは「発売が一番早い」ということです。(一番先に最新モデルが手に入るというのはプレミア価値を生み出すには十分だと思います。)
・Nvidiaは別に手を抜いてリファレンスカードを作っているわけではない。これは当然です。リファレンスカード(FoundersEdition)は今後カスタムカードを作成するための基盤になるカードです。決して安価な電子部品を使用しているわけではありませんし、クーラーもベイパーチャンバーを使用したブロワー(外部排気式)のものです。今回はクーラーのデザインも変更されていますし、少なくないコストが掛かったもでるであることに違いはありません。そのカードが、各社カスタムカードメーカーがカスタム仕様のGPUを販売し始めた途端にいわば「用なし」扱いされて、市場から消えていく状態をNvidiaはよく思っていないのかもしれません。
・カスタムモデルのカードを作るメーカーとの競合を(も)避けたかった
これはどうしても避けなければいけない問題です。Nvidiaが本気を出せば、既存のカスタムモデルメーカーと競合するモデルを発売することもできると思います。しかし、それは今のNvidiaにとって得策でないことは明らかですし、MSRPからリファレンス仕様まで、$100の”遊び”を設けることで、競合を避けながら自社の利益も維持する狙いがあるのかもしれません。

#結局、今回のFoundersEditionは買うべきなのか

誰よりも早く最新GPUを手に入れたい人は、値段なんて見ないものです。しかし、できるだけ安く、ベターなパフォーマンスが発揮できるものを購入したい方にとっては、今回のFoundersEditionは様子見したほうが良いと私は思います。FoundersEdition(旧リファレンス)も、決して手を抜いた造りでは無いはず(デモで見られた2.1Ghz超えも嘘ではないでしょう。)ですが、今回の価格設定には少なからずアーリーアダプター税(Early adopter tax)が含まれていると思われます。ある程度ベンチマークが出揃って、カスタムモデルの第一波が発表されてからでも遅くないはずです。


#関連および参考のページ
// GeForce GTX 1080の“GDDR5X”や“Founders Edition”って何?  (ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159826/

// What is the GTX1080 and GTX1070 Founders Edition?(JayzTwoCents )
https://youtu.be/LJ0AoYSH01g

// r/Nvidia (reddit)
https://www.reddit.com/r/nvidia/

//Videocardz
http://videocardz.com/

NvidiaInspectorを使用して起動時にオーバークロック設定を適用する

2016.04.28.Thu.01:22
先日のアップデートで旧NvidiaInspectorはnvidiaInspectorとnvidiaProfileInspectorに機能分割されましたが、OC設定ではnvidiaInspectorを使用します
スタートアップ登録は動かなかったりするので、タスクスケジューラを使用して実行させます。

1.NvidiaInspectorを好きな場所に置きます

2.アプリケーションを起動し、"Show Overclocking"をクリックし、好きなOC設定を行ってから、"Create Clocks Shortcut"を使用してショートカットを書き出します。

3.デスクトップからショートカットのプロパティを開き、"リンク先"の欄からexe実行時のパラメータを持ってきます。
例)
somedir\nvidiaInspector.exe -setBaseClockOffset:0,0,100 -setMemoryClockOffset:0,0,100 -setOverVoltage:0,0 -setPowerTarget:0,110 -setTempTarget:0,0,91 
となっているなら、.exe以下の
-setBaseClockOffset:0,0,100 -setMemoryClockOffset:0,0,100 -setOverVoltage:0,0 -setPowerTarget:0,110 -setTempTarget:0,0,91 
がパラメータです。

4.タスクスケジューラを起動して、新しいタスクを作成します。

    4.1 全般タブでは、適当な説明を書いて、"最上位の特権で実行する"にチェックをつけておきます
    4.2 トリガータブで新規トリガーを作成します。トリガーの編集で、実行をログイン時に設定します
    4.3 操作タブで新しい操作を作成します。操作は"プログラムの開始"で、プログラム/スクリプト欄でnvidiaInspector.exeの場所を指定ます。”引数の追加”に先ほどのパラメータを貼り付けます

 //必要な操作はこれだけだと思います。他のタブの設定はお好みで。

5.ログオン後にnvidiaInspectorを起動して、オーバークロック設定が適用されていることを確認します。

【Planetside2】 チャットの日本語表示

2016.02.26.Fri.01:27
Planetside2では基本的に対応している言語以外の表示はできませんが、日本語表示に対応したフォントを置き換えることで表示が可能です。

screenshot_20160225-01-05-02.png


どこか\PlanetSide 2\UI\Resource\Fonts内にあるGeo-Md.ttfを、ランチャーを開いてゲームファイルがアップデートされた後、適当な日本語対応フォントに置き換えれば日本語が表示できます。しかし、ゲーム全体で使用されてるフォントが変更される、いちいち起動時に置き換えないといけない(バッチ化してもまだ面倒)、入力バッファまわりが日本語入力と相性が悪く、エンターで確定できない&日本語モード中はパフォーマンス低下 などなど問題があって微妙です。
打つ側、見る側が両方日本語対応しないといけないので、やっぱり英語かローマ字で会話するのが一番いいんじゃないでしょうか

あと、同じようにしてゲーム内の表示を日本語化できると思います(わからない部分もあるし、面倒なのでやりませんが)

\PlanetSide 2\Locale内に
*.dir と *.datというファイルが言語ごとに用意されてると思います
*.datは翻訳データ、*.dirはゲーム内オブジェクトとの対応や.datを読むための情報が入ってます

試しに*.dirの先頭部分を見ていきましょう。(わかるところだけ右に太字で注釈を入れます)↓

## CidLength: 42 <=不明(byte?)
## Count: 32977 <=翻訳テキストの数
## Date: Tue Jan 26 12:53:14 PST 2016 <=更新日時?
## Game: PSNX <=ゲーム名
## Locale: es_ES <=ロケール
## MD5Checksum: F505DB3E061C72C6D7D29337F81EE0FC <=.datのMD5チェックサム?
## T4Version: 2.1.0047 <=不明
## TextLength: 1270 <=不明
## Version: 2.1.1293249 <=バージョン
93264 3 61 d <= オブジェクトID .dat先頭からのバイト数 該当部分の長さ(byte)
219375 66 84 d
(以下略)

わからないパラメータを解明して、あとは翻訳リストから自動で.dat .dirを作るやつを作れば同じように置き換えで動くんじゃないでしょうか。韓国の方が使ってる韓国語化パッチも同じような方法みたいですが、パッチ用の.exeはソースが開示されてないのでわかりません。翻訳してる方々も.dat .dir作成のツールを持ってるんだと思います

【Keyboard】Topre Realforce 87U (SE18T0)

2016.02.22.Mon.16:45
いろいろ買ってばっかりでお財布が厳しいですが、キーボードも新調いたしました。
購入したのは、東プレから発売されているRealforce 87Uです。
このキーボードはもともと海外向けに販売されていたUS配列のもので、私が購入したのは55gの統一荷重モデルです。

Realforceロゴ。あんまりデザイン的に格好いいとは思いませんが、業務用品メーカーっぽい空気が漂ういいロゴだと思います
DSC_0102.jpg

US配列キーボードは記号類の並びがわかりやすいのと、ゲームで突然日本語変換キーが起動して大慌て、なんて場面を減らす事ができるのが利点ですね。BFシリーズ等ではコンソールが起動して復帰不可、なんてこともあったりしていろいろ面倒です。
最近は日本語非対応のゲームばかりしているので、こちらのほうがかなり楽です
テンキーレスなのでマウスが多少動かしやすくなる等の利点もあるかもしれません。

もともとはUS配列テンキーレスの45gが欲しかったのですが、現在は55gしか販売していない様子。少し重いので撫でるように打つ方にはお勧めできません。私は大して早く打つ必要がある人間ではないですし、プログラミングではVisualStudioが適当に補完してしてくれるからいいや、なんて思ってるので大丈夫でした(多方面から怒られそう...)
しかし、ここまで重くなると自分ルールでの打鍵はなかなか厳しいところがあり、タイピングフォームを矯正するいい機会になったかなぁと思っています、、、時々往年のFlashタイピングゲームなどを遊んで、少しずつ練習しているところです

箱写真。付属品は代理店(?)によって違うようで、私の購入したものはWASDキーは付属していませんでした。キー抜きとCtrlとかそこらへんの替えキーが少し入っていました。

DSC_0104.jpg

特に考えずに黒を選びましたが、なんだか机の上が黒ばっかりで面白くないことに気づきました…

DSC_0100.jpg

思い出したのですが、このキーボードはケーブルの出し位置が変更できます。これは特に珍しい機能ではないのですが、その時にケーブルを本体に固定しているツメが非常にきつく、外す際にケーブルに傷が入る始末。確かに外れにくくするのはいいですが、さすがにここまでギリギリに設定する必要は無いのでは…

アフィリンクを貼ろうかと思いましたが、Amazonでは怪しい業者が高額で販売しているみたいなのでやめました。ツクモとかだといい感じの値段で置いてるかもしれません。


« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。