FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GPU】 GTX1080のシェーダー問題について

2016.06.08.Wed.18:39
AMDが新GPUを発表したとき、NvidiaのGTX1080と、cfxed RX480の性能比較動画を紹介しました。
そのとき、GTX1080とRX480とで、雪のシェーダーの描画が違うということで、インターネットは大騒ぎになり、いつもの「どちらが正しいか」という宗教戦争じみた争いが勃発しました(くだらねえ…)。先日、ベンチマークに仕様されたAshesを開発しているOxide社のDan Baker氏が、問題についてのツイートをしました。




曰く、Ashesにおける雪のシェーダー問題は、Nvidiaドライバ v368.19と、おそらくそれ以前のドライバにあった問題で、368.25以降では解決されている、とのことです。これにたいしての、Nvidi社のSean Pelletier氏の反応がこちら




Nvidia Driver v368.25は、プレスオンリーのドライバで、公式に提供されたドライバではないということです。Nvidiaは製品を発表する前に、世界中のレビュワーに新製品を渡し、レビューを行ってもらっているのですが、そのときに渡されるドライバのうちのひとつが、v368.19だそうです。このドライバはパブリッシュ以前のベータ版に近いものですので、バグが含まれている可能性は十分にある代物ですが、この辺りは両社の高度な情報戦が展開されている気がします。AMDがどのようにしてこのドライバを入手して、ベンチマークを行ったかは、想像してみるとなかなかおもしろいですね。おそらく(いくらか握らされて??)、AMDにドライバ(あるいは、GTX1080本体も?)を流したレビュワーがいるのでしょうが、こういうのはワクワクしますねぇ(ゲス顔)。バグを作ってしまったNdiviaにも問題があるといえばあるのですが、バグは往々にして生まれてしまうものですし、AMDもこういうベンチマークでは、公式版を使うべきだったとも思います。いずれにせよ、修正後もパフォーマンスは大して変わらないそうですし、あんまり気にしなくてもいいかなぁと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。