スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Nvidia GTX1080/1070】Nvidiaの"Founders Edition"について

2016.05.10.Tue.23:40
#FoundersEditionってなんだよ?

ここ数日、Nvidiaが発表したGTX1080,GTX1070についての話題で各種フォーラムは大賑わいです。
その中でも、多くの憶測が飛び交うのはNvidiaが発表時に提示した"Founders Edition"というモデルについでです。
もうご存知だとは思いますが、GTX1080の価格設定は以下の通りです
$599 MSRP
$699 Founders Edition
*GTX1070も同様に若干高価なFounders Editionが設定されています。

さて、このFoundersEditionとは一体何なのでしょうか。発表当初からこのカードはよりオーバークロックに適したコンポーネントを使用したカードだと思われていました(発表時の2.1GHz超え(しかも70℃以下!)で動作している映像は、インパクトがありましたしね。)
しかし、結論を言うと、FoundersEditionは”リファレンスカードの名前を変更したもの”なのでした。
Nvidiaがなぜリファレンスモデルの名称を変更し、割高な価格設定を行ったかは、NvidiaのビジネスモデルのことですのでNvidia自身に聞いてみるしかありませんが、予想される理由は以下のようなものです。

・Nvidiaは従来のリファレンスモデルがより市場で長く販売されることを求めている(そもそもNvidiaが開発したものですから、これは当然でしょう。)
・リファレンスモデルには他社のカスタム仕様のカードとは明らかに違う点があります。それは「発売が一番早い」ということです。(一番先に最新モデルが手に入るというのはプレミア価値を生み出すには十分だと思います。)
・Nvidiaは別に手を抜いてリファレンスカードを作っているわけではない。これは当然です。リファレンスカード(FoundersEdition)は今後カスタムカードを作成するための基盤になるカードです。決して安価な電子部品を使用しているわけではありませんし、クーラーもベイパーチャンバーを使用したブロワー(外部排気式)のものです。今回はクーラーのデザインも変更されていますし、少なくないコストが掛かったもでるであることに違いはありません。そのカードが、各社カスタムカードメーカーがカスタム仕様のGPUを販売し始めた途端にいわば「用なし」扱いされて、市場から消えていく状態をNvidiaはよく思っていないのかもしれません。
・カスタムモデルのカードを作るメーカーとの競合を(も)避けたかった
これはどうしても避けなければいけない問題です。Nvidiaが本気を出せば、既存のカスタムモデルメーカーと競合するモデルを発売することもできると思います。しかし、それは今のNvidiaにとって得策でないことは明らかですし、MSRPからリファレンス仕様まで、$100の”遊び”を設けることで、競合を避けながら自社の利益も維持する狙いがあるのかもしれません。

#結局、今回のFoundersEditionは買うべきなのか

誰よりも早く最新GPUを手に入れたい人は、値段なんて見ないものです。しかし、できるだけ安く、ベターなパフォーマンスが発揮できるものを購入したい方にとっては、今回のFoundersEditionは様子見したほうが良いと私は思います。FoundersEdition(旧リファレンス)も、決して手を抜いた造りでは無いはず(デモで見られた2.1Ghz超えも嘘ではないでしょう。)ですが、今回の価格設定には少なからずアーリーアダプター税(Early adopter tax)が含まれていると思われます。ある程度ベンチマークが出揃って、カスタムモデルの第一波が発表されてからでも遅くないはずです。


#関連および参考のページ
// GeForce GTX 1080の“GDDR5X”や“Founders Edition”って何?  (ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159826/

// What is the GTX1080 and GTX1070 Founders Edition?(JayzTwoCents )
https://youtu.be/LJ0AoYSH01g

// r/Nvidia (reddit)
https://www.reddit.com/r/nvidia/

//Videocardz
http://videocardz.com/
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。