スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本】「童石」をめぐる奇妙な物語

2014.02.10.Mon.22:01
図書館にひっそりおいてあったので読んだ
このミス受賞作です
童石と言われる奇妙な石についてのお話
設定が面白く良くも悪くも設定オチ
でも文体が柔らかくて読みやすい

 
恒例のアフィリンク
スポンサーサイト

【本】 最近読んだ本たち

2012.05.21.Mon.15:27

○新世界より  貴志祐介

これはびっくらこいた作品です。
「呪力」を得た人間が平和に暮らす社会。
その裏に潜む、人間の「自らの力」との戦いの歴史が明らかにされていきます。
所々に入る説明が結構長いので、そこを気にせず読める方におすめ。
あと、やぱり血はあります。



最近はあんまり本を読んでないなぁ。
本屋にあまり行かず、家にあった夏目漱石とかをじっくり読んでみたりしています。

読んだ本

2012.04.22.Sun.19:13
最近読んだ本の紹介でござます。

○『神様からひと言』 荻原浩


荻原作品は『千年樹』しか読んだことがなかったのでどんなもんかいと書店にて購入しました。
「お客様相談室」で様々なクレーム対処に奔走する主人公を描いています。
学生の私にはまだ「働く」ということに対してしっかりしたイメーシがないですが、
そんな私にも「苦しいことはあるけれど頑張っていこう」という元気を与えてくれる本でしたー




○『宮沢賢治全集 7』 ちくま文庫

今も多くの人が愛する宮沢賢治の童話集です。
「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ」などの名作が収められています。
さらに、多くの異稿に解説などがあり、充実した1冊になっております。
まだ読んだことない人、ある人どちらにもおすすめできる1冊です。
やっぱり古い作品は原文が一番ですね~



今回はこれくらい。
今後もちょこちょこ書いていきたいどす・w・

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。